御勢大霊石神社 粥占い

粥を用いて1年の吉凶を占う神事です。小正月の1月15日に新米二合半でお粥を炊いて神前に供え、
2月6日に神前から下げて氏子たちで供覧します。
カビの生え方や色によって、その年の作物の豊凶や地域の天候を占うものです。
このカビの生えた粥は、拝殿前に2~3日置かれていますので、参拝された方もご覧いただけます。